親と暮らせない子ども達のこと 

【親と暮らせない子ども達のこと】 

子どもは、親の温かい愛情の元で家庭生活を経験し、育つことが最も望ましいことですが

世の中には親のいない子ども達や、たとえ親がいても様々な事情で共に暮らしていくことが

できない子ども達が現在46,000人います。こうした家庭に恵まれない子ども達には、家庭にかわる

養育環境が用意されなければなりません。

こうした『社会が用意した養育環境の体系』を『社会的養護』と言います。

【家庭にかわる養育環境】

日本の社会的養護の体系は、大きく分けると次のようになります。

🌸家庭的養護   縁組里親 養育里親 専門里親 親族里親

ファミリーホーム(養育者の自宅で6名程度)

🌸家庭的施設養護   グループホーム(養護施設を6名程度に分院)

🌸施設養護    乳児院や児童養護施設

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする